そしてこの顔だった

2010.07.19 21:11|語り
朝起きると、それは十二時でした。

いくら寝不足だからといってこれは寝すぎた!
おかげさまで二日連像ブランチとなりました…
不健康も甚だしいです…
買い出し以外は特に外出することもなく、グダグダの一日でした。
せめて勉強くらいはしておこう…



と、ここで話題転換。
あまりに暇だったので再び、親父と次男の描き分けその他について無駄に考えて?みました。
一応隠しておきますので、痛々しくてもいい方はどうぞ。

フォーマルすぎる俺達

もはや身長一切無視!
しかも何故か軍のような服!
コピペだから描き分けにもなってません。
そんな突っ込みどころ満載の一枚です。

そしてこの絵、紛うことなき原寸大。
本来自分は小さい絵しか描かない人間でした。
それにしても小さくしすぎた…見にくい…

例によって(?)これは口と眉毛と髪型しか変えてません。
あとは模様っぽいのも。
やはり色素によるところが一番大きい気がするのう…


ということで、本当の比較図(顔だけ)を描いてみました。

俺たちゃ兄弟 親子でも兄弟

notコピペnotカラー。

双方の(顔の)違いは下の注釈に書いてあることくらいだということが発覚しました。
プラス模様っぽいものの有無。
最近、どうも息子の方を童顔だなーと思っていましたが
年の差あるから当然だった!

顔以外の相違点としては、身長。
あと、ひそやかに父の方が体格がいい。
ほんの僅かな差だけども…


そんな外見上は似すぎる親子ですが、性格はソックリ、ではありません。
わずかながら掲載してある本編を見てもわか…らないな!
おまけの座談会とかUNOを見ると理解できるのかもしれません。

親父の方が対人スキルは圧倒的に高い。
ノリが悪いように見えてそれなりに冗談を言いますが、マジメに受け取られがちです。
しかめっ面のままだから逆に怖い。わざとやってる説があるほど。

その表情は、次男に比べれば豊かです。
でもやっぱり表情に乏しい部類。
奴と比べたら誰でも表情豊かになる寸法です(…)

息子は対人スキルが低いし冗談なんかも滅多に言わない。
一見、とても一本調子な人物です。
表情は微塵も変わりません。感情を読み取れるのは家族や馴染みの友人くらい。

で、親父と違って初見で怖がられはしない。けどなんとなく近寄りがたい。
何を言っても怒りはしないが反応も乏しい。
ただし、身内相手だと多少は感情を出すようです…


二人の中身は似てるようで似てない微妙なライン。
親子の仲も…なんというか、微妙なライン…?
にしても座談会では冷戦を繰り広げすぎである。
(長男と焼き鳥は熱戦を繰り広げすぎだ…笑)



いやー…奴ら、初期に出来ただけあってネタが沢山だ。
想像以上に鬱陶しい語りになってしまった…!
我がサイトは親子関係を支援しています(?)

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

兎龍

Author:兎龍
変な物体です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ