スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスのセント・ニコラウス

2011.12.25 12:08|語り
ヴィーヴルたん(誕生日のたん)
メリークリスマスでございます。
クリスマス三連休も今日が最後!
素敵な休日を過ごされていますでしょうか。

自分は昨日帰省いたしまして、今は例によって千葉にいます。
やっぱり千葉はあったけぇ。
そしてロールケーキが美味しいです。
正直、こんな時期に帰ってきたのはケーキをいただくためだと言っても過言ではなかった。
去年はクリスマスが終わった時期で、すでに食べられてしまってむなしい思いをしたワケです…
それにクリスマスはもともと家族と過ごす日らしいですから。
たぶん。

ところで年賀状は今日までに送ると元旦につくらしいですが、例によって(?)まだできていません。
作業が遅くて本当に申し訳ない…!
しかし前回年賀状のやり取りをした方とご希望くださった方には、何としてでもお送りいたします。
気長にお待ちくださいませ…



ところで上の絵の日付が違うというツッコミについてですが、実は違いません。
昨日はヴィーヴルの誕生日でした…
例によって語り入れます。興味ある方は続きからどうぞ。
ヴィーヴルの誕生日はクリスマスイブです。
あっちの世界の暦では、緑酒の月の第二十四日。
いわゆる聖夜。
聖なる夜に生まれたのが彼女です。たぶん夜生まれです。

イブの誕生花にはこんなものがあります。
柊(先見の明)
ヤドリギ(困難を克服する・忍耐強い)
モミ(昇進・時間・永遠)

いかにも聖なる夜っぽい花たちですね。
一番最初の花を見つけて即座に誕生日が決定したことは言うまでもありません。
先見の明というか、実際に予知能力持ちなのでな…

ヴィーヴルの見た目は8~9歳としていますが、実年齢はDLにありがちな「よくわからない」。
彼女の場合、本人に聞いても答えられないんじゃないかな。
確実に言えることは、ハタチ以上の幼j…ごほん!


ちなみにあの世界の精霊には家族という概念がありません。
自然の中の魔力や精神の塊が凝集されて、静かに生まれてきます。
同時期に近くで生まれた精霊同士なら性質も似通ったものになりやすいので、兄弟に近い概念はおそらくあります。
そして、親というものを挙げるなら自然そのものです。
ただ、精霊が消えた後の残りかすとか、誰かが放った魔力の残りなんかが元になって生まれてくる場合もあるので、その場合はそれが親となるのかもしれません。
ほとんどの場合、精霊自身がそれを認識することはないと思いますが。
ヴィーヴルには親と呼んでいる存在がいますが、ちょっと特殊な事例なのでした。

とりあえず精霊は、DL世界の中でもちょっと変わった種族です。
敵に回すと厄介です。
ヴィーヴルも多分厄介なんだと思います。RPGで言うと物理攻撃無効。


ということで、ちょっとしたヴィーヴル(精霊?)語りは終わり。
自分のものは書いてても何の感慨もないですが、人様の創作で裏設定なんかが明かされているととってもワクワクします。

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

兎龍

Author:兎龍
変な物体です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。